スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    フルート:高広幸子

    0

       Flute:Yukiko Takahiro

       

      1966年、東京生まれ。兵庫県在住時の9歳よりフルートを始める。

      12歳の時にNHK-TV「フルートと共に」出演。13〜15歳をトリポリ(リビア)・

      ケント(イギリス)で過ごす中、多くのコンサートやソロ演奏を経験。

      83年帰国、武蔵野高等学校音楽科編入。第1回福井直秋記念奨学生に選ばれる。

      89年桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。

      91年同大学研究科修了。

       

      96年より東京の主要ホールにてリサイタル「風の行方」を重ね、

      同時に「さわやかな軽井沢の風にのせて」コンサートを企画、

      美術館や軽井沢大賀ホールにて行い、20周年(2016)を迎えた。

      ラジオ出演、室内楽やオーケストラとのコンチェルト協演など、

      充実した演奏活動を行なっている。

      曲の世界観を明快な表現で歌い上げる演奏は、彼女の温かな人柄がにじみ出る

      ものであり、多くの聴衆の心を惹きつけてやまない。

       

      ナミ・レコードより、フランスゆかりの音楽を集めたCD

      「風の行方〜フランクのソナタ」をリリース。

       

      ブログ  http://ytakahiro.jugem.jp/ 

       

       

      concert50 * 出演者プロフィール * 16:11 * comments(0) * -

      初めての方へ

      0

        皆様、当ブログへお越しくださいまして、ありがとうございます。

        フルーティスト高広幸子&ピアニスト野間春美プロデュース

        「原宿コンサート50♪」のために作成したページです。

         

        私達は、同じ時に桐朋学園で学び、20代の頃はフルートの加藤元章先生のもとで

        研鑽を積みました。それぞれ演奏の経験を重ね、再び2010年より共演、

        銀座・王子ホール、軽井沢大賀ホールにてリサイタルを行なって参りました。

         

        私達がリハーサルで使わせていただいた事がきっかけで、この原宿にある

        小さなホールを知りました。スタンウェイのピアノがあって、とても響きが

        良いのです。リハーサルを重ねていくうちに、二人してこの空間をとても

        気に入ってしまい、何とか形にできないかと思い始めました。私達にとって、

        ホールとは楽器の一部ですので「響き」はとても大切です。 そして私達は今、

        アンサンブルする事が楽しくて、今までのどの演奏よりも曲の解釈が深まって

        おります。この演奏する喜びを皆様にお伝えし、その瞬間を会場にいらっしゃる

        すべての方達と、分かち合いたいと思うのです。

         

        実現可能か迷いました。なぜなら50席程の小さな空間ですから。

        私達が演奏に専念できるよう、なるべくシンプルな方法で行なおうと思います。

        その分、皆様にはご不便をお掛けするかも知れません。

        ご提案があれば、どうぞ仰ってください。

         

        大きなホールとは違った内容で。限定50席で、すぐ近くで聴く事ができる。

        とても響きが良いので、小品のみならず、少し大きな曲も含めて。

        休憩無しの1時間程のプログラムで考えております。

         

        まずは一度やってみましょう。そして続けられるよう、手探りではありますが、

        私達が楽しいと思える演奏を皆様にお届けし、素敵なひとときを共有することが

        できましたら嬉しいです。

         

        2016年11月

        フルーティスト高広幸子&ピアニスト野間春美

         

         

        concert50 * ご挨拶:初めての方へ * 16:04 * comments(0) * -
        このページの先頭へ